デストロイヤー ゴジラ

デストロイヤー

Add: zixor83 - Date: 2020-12-12 12:09:32 - Views: 3187 - Clicks: 6444

初代『ゴジラ』では、ゴジラを倒すために「オキシジェン・デストロイヤー」なる兵器が用いられますが、これは核兵器をも上回る威力を持った兵器です。戦時中の日本では、科学者の研究は全て兵器開発に向けられており、密かに核兵器の開発も進められていました。 戦争での経験を引きずっているという設定の芹沢博士の研究が、戦時中の研究を表しているとするならば、オキシジェン・デストロイヤーとは日本がもしかしたら持つかもしれなかった核兵器、を意味していると言えます。. ゴジラ65周年記念商品 オキシジェンデストロイヤーキーホルダー. ゴジラシリーズ GODZILLA ゴジラ ゴジラ怪獣 数の暴力 策士 ローランド・エメリッヒ ゴジラ・ザ・シリーズ ジュラシック・パーク ゴジラミレニアム GMK ファイナルウォーズ X星人 やっぱりマグロ食ってるようなのはダメだな アロザウラー:海外版の一部の商品名が「Strike Zilla」(参照)。 原子怪獣現わる:実質98年版のGODZILLAはこの作品のリメイクと評され、本作のプロデューサーのディーン・デブリンもそれを認める発言をしたが、様々な判断材料から、これは実は発言の存在そのものが日本で発生したデマか、もし発言が実在していたとしてもジョークや皮肉の一環として考える人もいる。 1. 「ゴジラとして間違えられる」という状況は、『GMK』において語られたハリウッド版ゴジラおよびバラゴンのそれらに似ている。 3. その集大成『ゴジラvsコング(原題)』の公開を年に控え、年6月20日、この“はじまりの作品”が土曜プレミアムに登場する。 あまり『ゴジラ』になじみがない方にも、『godzilla ゴジラ』はシリーズの入門編としてうってつけ。.

という疑問は残るが・・・) こうして生きたオキシジェン・デストロイヤーであるデストロイアと暴走ゴジラの2頭により人類滅亡の危機が訪れるが、「僕らはオキシジェン・デストロイヤーを造らなかった、で. ゴジラの強力な攻撃の前に苦戦しながらも、防衛隊は熱線を放とうとするゴジラの口部へオヤジジェンデストロイヤーを発射。 さらにしんのすけが飛び込み、尻で蓋をする。薬は注射より飲むに限るぜ!. See full list on eigahitottobi.

OPタイトルで「ゴジラ (1954)」のロゴが出た後、それが爆発しオキシジェン・デストロイヤーに封じられた後今作のタイトルロゴが出る部分で第1作とのリンクが強調されている。. 発明者は天才酸素研究者、芹沢大助博士。 戦争で隻眼となった芹沢氏は、人知れず地下の研究室でただ一人、酸素というものをあらゆる角度から研究し、それを平和技術に応用することを考えていた。 ところが、或る日その過程で思いもよらぬエネルギーを発見し、思わずそれを実用化してしまう。 それがこの水中酸素破壊装置『オキシジェン・デストロイヤー』である(Oxygen=酸素、Destroyer=叩き壊す者 といった意味)。 後述の怪獣の名前はデストロイア、だが、装置自体の名称はデストロイヤーが正しい。 作用は、電磁的に作用させた化合物から発せられる泡状の気体により、その近辺に存在するありとあらゆる生物を窒息させ、さらには液状化させて完全に消し去ってしまうという壮絶なものであった。 この作用はおそらく微小化水素が分子間に入り込んで物質を破壊する『水素脆化』が酸素に置き換わったものに近いのでは? 体長:2mm〜30cm 体重:2g〜1,5kg 赤いカブトガニを思わせる外見をしているのが特徴。伊集院博士の解説によると、25億年前の先カンブリア時代に生息していた、無酸素環境に適応した微小生物が、酸素への克服反応の結果、巨大化を果たした結果こうなったとされる(つまり、最初からこのような姿をしていたわけではなかったと考えられる)。 クロール体(あるいはそれ以前の微小体)の段階で既にミクロオキシゲンを噴出する力を持っており、道路工事のケーブルや機材、水族館の魚達を溶かしてしまった。ちなみに、たまたま魚が溶解するところを目撃してしまった水族館の警備員は「水が魚を食ってる! 出典:映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』公式Facebook 本作が公開された1954年は、終戦から9年しか経っていません。まだ人々の戦争の記憶も新しい頃に公開されたのです。そんな時代背景を考えると、劇中の人物たちの言葉はかなり重たく感じます。電車の中でゴジラの事が書かれた新聞記事を呼んでいる人々は「原爆から逃れてきたのに. (下記の説明を読んでいただき、同意してもらえる方だけ入札していただけたらと思います)写真のものがすべてです。商品タイトルを参考にしてください。【商品の状態】注意事項 :昔、店で購入したものであり、あくまで人の手に渡った物ですので詳細にこだわり過ぎる方の入札はご遠慮.

元々は25億年前の地球上に酸素がほとんどなかった先カンブリア時代に生きていたとされる微小生物であった。 なお最近の研究では、先カンブリア時代既に生物が存在していたことは確実になっているが、生物がデストロイアのように殻を持ち出したのはバージェス動物群辺りの時代からとされている。 東京湾海底の同時代地層で眠っていたが、1954年(つまり第1作)にゴジラに対して使用されたオキシジェンデストロイヤーが無酸素状態を作ったために復活し、約40年後※、東京湾横断道路工事の掘削工事により酸素に触れ、克服適応の結果異常進化して怪獣「デストロイア」となった(※劇中の時代設定は1996年)。 オキシジェンデストロイヤーの影響で、微小化した酸素「ミクロオキシゲン」生成能力を得ており、成長・合体することで形態を変える能力を持つ。 妙にこの能力がヘドラと酷似していることからオマージュ・二番煎じと呼ばれることも。 微小体、クロール体、幼体はミクロオキシゲンをビーム状にして吐き出す能力を持つが、集合体・飛翔体・完全体はミクロオキシゲンの濃度が極限(集合体を形成する過程の段階でミクロオキシゲン用の観測機器ではその濃度を測定しきれずにオーバーフローを起こしてしまったほど)まで高まったことで、光線がオキシジェンデストロイヤーに匹敵する威力を得ている。このため、集合体および完全体の吐く光線はオキシジェンデストロイヤー・レイと呼称される。なお、幼体・集合体・飛翔体・完全体は口から光線を吐く直前に頭部の両側にバチバチと電流が走るようなエフェクトがかかる。 ミクロオキシゲンは極低温下で無効化されてしまうため、デストロイア自身も極低温が弱点。 また逆に、火炎放射などの高温は、進化・変異を早めてしまう。だが、バーニングゴジラの赤色熱線は強力すぎるためか、表皮が焼け爛れるほどのダメージを負ってしまった。 なお、本来ならば「デストロイヤー」="Destroyer"の名が着く筈だったが、商標登録などの都合上いろいろと面倒が起こるということで、「デストロヤァー」="Destroyah"という妙な英語名を貰っている。ちなみにこのDestroyahも Destroy yah と区切って読むと、「ヤハウェを破壊せよ」というこれはこれで大いに問題がある意味になるのだが。 これがもとで、海外のゴジラファンであるAVGNに「デス. 」「また疎開か」という会話をしていました。日常の会話でここまで恐ろしさを伝えられるのはこの当時だからです。ゴジラが東京のビルを、人を、踏みつぶし燃やす場面。ある母親と子どもがピックアップされます。そこでは脅える子どもを守りながら母親が「もうすぐお父様のところへ行くのよ」と言っていました。子どもに言っているようにも自分に言っているようにも聞こえるその叫びはとてもリアルです。その真に迫るシーンには鳥肌が立ちます。 年に公開された『シン・ゴジラ』では、政府が会見する前にSNSで情報が広まっていました。そこで政府が、早く情報を得て公式発表をしなくては、と焦っている場面があります。現在は新聞やテレビ以外にもSNSによる口コミなどでの情報伝達手段がありま. 現在までの全てのゴジラシリーズの中で、唯一ゴジラを完全に抹殺することに成功した兵器 オキシジェンデストロイヤー の開発者である。. 監督:大河原孝夫 特技監督:川北紘一ゴジラシリーズ第22作。第1作で登場したオキシジェンデストロイヤー(水中酸素破壊剤)が41年の歳月を. ) 香山滋による原作小説にも存在するが、香山曰く「都合のいい装置でゴジラを殺してしまった」とのことである(そして、そのことが「どうやってゴジラを蘇らせ、如何に人類を勝たせるか? ゴジラVSデストロイア VSシリーズ. 顔の造詣が似ていると指摘されることがある。.

この作品は1954年のシリーズ第1作から製作に携わっていた 田中友幸 の名前や「特技監督」がクレジットされる最後のゴジラ映画となっており 、また、音楽担当の 伊福部昭 ・特技監督の 川北紘一 ・ゴジラのスーツアクターの 薩摩剣八郎 などもゴジラシリーズ最後の参加となった。. More デストロイヤー ゴジラ videos. 出典:ゴジラ公式Twitter 年の夏、日本を代表する怪獣が見事復活を果たしました。映画『シン・ゴジラ』は怪獣映画というジャンルでありながら、年の邦画実写映画の興行収入成績1位を記録する大ヒット作品になりました。怪獣映画というジャンル映画にも関わらず、一般的な観客層からも受け入れられた結果です。. X星人の侵略用の手先として登場。 外見はハリウッド版ゴジラそのものだが、設定によると1997年にニューヨークを襲撃した怪獣と同一種かどうかは不明とのこと。なお、強酸を含んだ火炎を吐くことが可能という設定があり、一瞬だがこの火炎が路上の人々を薙ぎ払っていると推測される場面がある。 他の怪獣が、着ぐるみや操演モデル等が造形されていたのに対し、ZILLAのみフルCGで描写されていた。 なお、、ヘドラ、エビラ、クモンガ(モンスターX(=ギドラ族の帝王)と同様に、作中で名前を呼ばれる事は1度も無かった(エビラやクモンガは直接的に名前を呼ばれてないだけで、音無杏奈やモブキャラクターが呼んでいるシーンがある)。. 「オキシジェン・デストロイヤー」『ゴジラ』で「水中酸素破壊剤」として説明された「オキシジェン・デストロイヤー」ですが、 『ゴジラvsデストロイア』にて「ミクロオキシゲンが分子間に侵入し、物質を破壊する」とされました(オキシジェン・デストロイヤーによる破壊はミクロオキシ. 『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』では、オキシジェン・デストロイヤーの名前は登場していないが、1954年に襲来したゴジラがある科学者が制作した「未知の毒化合物」によって倒されたことが語られている。. なぜ、シン、ゴジラにオキシジェンデストロイヤーを使わなかったのですか? デストロイヤー ゴジラ シン、ゴジラにも通用しますか? シン・ゴジラは昭和29年のゴジラ襲撃がなかった世界を想定して制作されています。その為、オキシジェンデストロイアは存在していません。だから使用されない訳ですね.

初期の設定では、“全長120m”という数値よりもかなり大型化(身長90m, 全長150mなど)する予定だったらしい。監督の「なぜ日本人はそこまで大きさにこだわるんだ」という発言があったことから、全長をよく考えなかったと思われる。 2. 『ゴジラ×メカゴジラ』(年) - 初代ゴジラはオキシジェン・デストロイヤーで倒された。 その後、日本政府は初代ゴジラの骨をメインフレームにサイボーグ怪獣 三式機龍 ( メカゴジラ )を建造、二代目ゴジラとの戦いに投入する。. 出典:映画『ゴジラ』予告編 平成ゴジラシリーズやハリウッド版ゴジラのような派手な怪獣たちの戦いは観られません。しかし、『シン・ゴジラ』のような人間ドラマ、神のようなゴジラの強さ、絶望感を観たい人にはオススメ!「水爆への恐怖」や「平和への想い」のメッセージ性が強いのも特徴的です。. VSシリーズ最後の作品の敵キャラクターであり、事実上シリーズのラスボスと言える存在である。 ただ、劇中では序盤こそゴジラに対して戦いを優位に進めていたものの、ジュニアを殺害したことでゴジラの逆鱗に触れ、そのあとは然したる抵抗もできないままボコボコにされ逃走するという醜態を晒してしまい、遂には自衛隊の冷凍兵器で撃墜されて墜落死するという呆気ない最期を遂げてしまった。 このため、ファンの間では「ラスボスとしての威厳が感じられない」「前作に登場したスペースゴジラよりも弱い」という意見も見受けられる。 ただ、これについては、ゴジラが体内炉心の暴走や唯一の同族を殺された怒りによる相乗効果などが重なったことで、前作までとは比較にならない程の大幅なパワーアップを遂げてしまい、結果的にデストロイアが弱く見えてしまっただけではないかという見方もある。 デストロイヤー ゴジラ 実際、本来ならば必殺の威力(40年前に初代ゴジラを葬り去ったオキシジェンデストロイヤーよりもさらに高威力)を誇る「オキシジェンデストロイヤー・レイ」はメルトダウン直前の状態であるゴジラには効果が薄くなっており、さらにこちらも本来ならば即死技に近い威力である「ヴァリアブル・スライサー」で真っ二つにした筈がG細胞がメルトダウンの影響で異常に活性化しているために「切断した瞬間に切断された部分が即再生する」というチートのような状態であったゴジラにはまったく効果がなかった。 デストロイアの戦闘力自体は決して低くはなく、もしも暴走していない普通のゴジラが相手であればもっと良い勝負ができていたかもしれない。このため、これら全ての事情をよくわかっている者からは、「デストロイアは強い」といわれる半面、「相手があまりにも悪すぎた」という同情論も見受けられる。とはいうものの、ゴジラならともかくジュニア相手でも完勝できなかったという点は痛い。集合体はジュニアに負けるし、完全体のオキシジェンデストロイヤー・レイが初代ゴジラより弱いはずのジュニアを倒しきれていないなど、実力に関しては結局疑問点が残る。本作のラストシーンのことを考えるとジュニアを倒してしまうわけにもいかなかったのだろうが・・・ 自衛隊に止めを刺された件についても、既にゴジラとの戦いでズタボロの状態であったためで、集合体の時に自衛隊と交戦した際には、弱点であるはずの冷凍メーサー戦車の攻撃にもびく. 今作が現代の日本人に受け入れられた理由としては、「震災以降」の日本というものをはっきりと意識させる作りになっていた点が挙げられます。ゴジラが初めて出現した時の政府の対応は、震災時の現実のそれを思い出させる場面やセリフが連発し、初上陸の際には津波に呑まれそうになる人や、倒壊する建物に取り残される家族など、震災時の生々しい記憶が蘇るような演出になっています。 また、ゴジラによる放射能汚染や、アメリカとの関係など、震災後の日本人が思い出したくなかったこと、恐れていることを徹底的にストーリーに詰め込んだ、まさに「震災後」の日本人の恐怖を映し出していると言えるでしょう。それは初代『ゴジラ』が公開当時の「戦争後」の日本人の恐怖を映し出していたことと一致します。. そして、長い休止期間を経て製作された『シン・ゴジラ』は、福島原発事故を経験した「震災後」の日本人が再び無意識下に抱いてしまった「核への恐怖」を呼び起こすことに見事に成功しています。我々が恐ろしさを再認識した原子力というものと、ゴジラのイメージがピッタリ一致するように、今回のゴジラの造形には子供が親しむ余地がないほどに恐ろしい怪獣として表現されています。 このように『シン・ゴジラ』は初代『ゴジラ』と同じ構造で作られていると言えます。しかし、ラストの最終的な着地は正反対と言っていいでしょう。この2作のラストを比較する前に、初代『ゴジラ』のラストを簡単に振り返ってみます。. 03 07:00; 12,673. .

See full list on fanz-p. 東京湾岸道路建設の掘削工事によって復活し、工事のケーブルを溶かす、工事現場の機材を消滅させるなどの損害を与える。 ついで、酸素への克服反応を起こしてクロール体に進化し、しながわ水族館の水槽内に現れ、ミクロオキシゲンの効果で魚の体組織を分解、白骨化させた。 合体と成長を繰り返して幼体と化すと、有明クリーンセンターを占拠し、警視庁の対ゲリラ特殊部隊と交戦、相次いで隊員たちを溶解・殺害する。 火炎放射で一旦は撃退されたが、その裏で、熱によってさらに進化を遂げ、10m以上の個体群に巨大化して翌日再出現する。 今度は自衛隊の冷凍レーザー部隊による攻撃を受けて大ダメージを受けるが、大群全てが集合・合体して集合体へと進化。冷凍攻撃をものともせずに部隊を壊滅させた後、飛翔体へと姿を変え、東京一帯を飛行しながら大きな被害を与える。 その後、闘争本能により、三枝未希らのテレパシーに導かれて有明に上陸したゴジラジュニアと戦闘に突入。 飛翔体のままジュニアに攻撃を仕掛けるが、三枝未希らを救おうとしたジュニアに隙を突かれて熱線を撃ち込まれる。それでもなお、再び集合体へ形態変化するとビルの陰に隠れてジュニアを強襲、そのまま馬乗りになり、ミクロオキシゲンを直接ジュニアの体内に注入して内部からジュニアの体を破壊しようとする。しかし、ジュニアの起死回生の熱線を受けて吹き飛ばされる。 戦いに不慣れなジュニアに対し、終始優勢を保っていたものの、最後は飛翔体になって敗走しようとするところ、追撃を受けて品川火力発電所に墜落する。 これで絶命したかと思われたが、火力発電所の熱と、ミクロオキシゲンを注入した際に吸収したジュニアのG細胞やエネルギーの影響で急激に変異・進化を遂げて完全体として復活。羽田空港で再会を果たしたゴジラとゴジラジュニアの前に現れ、ゴジラジュニアを空中に攫って東京ビッグサイトに墜落させる。 空港に舞い戻ると、ジュニアを失ったことに怒り狂うゴジラと対峙する。当初は肉弾戦でゴジラを圧倒し、尾で絡めとったまま海中に引きずり込むなど優位に戦いを進めたが、核エネルギーが暴走していたゴジラに対してはオキシジェン・デストロイヤーすら決定打となりえず、ゴジラの熱線の連射を浴びて一度は破砕される。 この隙に、複数の集合体に分裂してゴジラを攻撃するが、これも通用しなかった。 完全体に再生してゴジラに対し三. 太平洋上のとある島に生息していたイグアナが、フランスの核実験の影響で変異したことで生まれた怪獣。設定的には、厳密に言うと「イグアナの遺伝子も併せ持つ新種のキメラ」らしい。ニック・タトプロスも、当初はゴジラを両生類と判断した(歴代のゴジラで両生類に近い生態を持つのはレジェンダリー版の個体と『シン・ゴジラ』の個体)。 デストロイヤー ゴジラ 頭部の上側が平らに近く、目や鼻が水平になっているのは現生や古代のワニやカピバラ、カバや古代の鯨などにも見られる特徴であり、流線形のプロポーションもあって、肺呼吸という前提なら日本のゴジラよりも水中生活に特化した形態であると言える(日本のゴジラには、首にエラの役目を担う空気孔がある)。 顔の印象はエウパルケリアに似ていると言われることがある(参照)。獣脚類に近い体型に、イグアナや人間に似た長い腕が特徴で、複数の爬虫類の特性を併せ持っているとされているため、1頭でも単為生殖(劇中登場したのはオスとされていたが、産卵していたことから実質両性具有と思われる)が可能となっている(ちなみに現在も生息するある爬虫類でも単為生殖は見られる)。劇中に登場する科学者は足跡を見て「獣脚類の生. ゴジラが強くなり過ぎてて完全にかませのデストロイヤーさん スーパーXⅢが一番強かったんじゃないかって言う 30無念/08/17 17:11:30.

. また、実は小説版にてジャンプ時に背びれで羽ばたいている。 4. 前屈状態の体高54mは、初代ゴジラの公開された1954年に合わせたという考察もあるが、真偽は不明。 3. ゴジラシリーズは日本で32作品、アメリカでは3作品作られています。国も時代も超えて愛されている「ゴジラ」シリーズ。なぜこんなにも人気があるのでしょうか。それはやはり第一作目のゴジラの魅力、特撮、ストーリーの衝撃があったからでしょう。どの作品にもこの一作目の「血」が土台にあります。 1954年に製作された本作は、当時観客動員数961万人を超える大ヒットとなりました。怪獣の特撮技術が素晴らしく、その後の日本特撮技術の基礎となるだけでなく海外にも影響を与えました。スティーブン・スピルバーグ監督も幼い頃、本作を観て影響を受けています。映画『ジュラシック・パーク』は、『ゴジラ』で感じた恐怖を再現しようとしたのだとか! 本作はその特撮に加えストーリーも評価されています。「ただの娯楽作品」では片づけられない本作のメッセージは、今現在の私たちにも力強く語りかけてきます。.

65周年を記念して、65年前にゴジラを倒した兵器を. と言われる。 現実にはこれに近い装置で(流石にここまでの威力はないものの)、光触媒や活性酸素を用いた方法で害虫駆除などに使われることもあるようだ。 その威力はあまりにも絶大で、芹沢自身も初実験後、3日間は食事すら喉を通らぬ大きなショックを受け、この装置が『兵器』として地上で扱われることになれば、人類にとって原水爆以上の破滅的な結末を招きかねないと考え、その研究を口外することは無かった。 そう、ゴジラが現れるまでは。. フランスは、1998年の映画においてゴジラ誕生のきっかけとなった水爆実験を行った国である。 3.

ゴジラvsデストロイアの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。おなじみゴジラとゴジラジュニア、そして最強最大の敵デス. ゴジラ(昭和29年度作品)【60周年記念版】 Blu-ray(出典:Amazon) 一般的に言われていることですが、ゴジラとは核兵器のメタファーです。初代『ゴジラ』の公開は1954年、終戦からまだ10年も経っていない戦争の記憶が生々しく残っている時代に作られました。当時の日本人が内心最も恐れていた事は、再び日本に核兵器が落とされるということでした。 この日本人の無意識下にある「核への恐怖」を呼び起こすために、「ゴジラは核兵器によって誕生した怪獣」という設定を盛り込んだことで、初代『ゴジラ』は当時の日本人の恐怖の対象となり、映画は大ヒットし東宝のシンボル的な存在になりました。. 初代『ゴジラ』は、国内はもとよりアメリカでも大ヒット。たちまち日本を代表する怪獣となり、以降シリーズ化されていきます。シリーズ3作目は『キングコング対ゴジラ』。日米を代表する怪獣の対決が行われたのは1962年で、日米の新安保条約が結ばれてから2年後。戦争では完膚なきまでに打ちのめされた日本が、怪獣対決ではアメリカと互角に渡り合っていることに、戦後の日本の復活を感じた日本人も多かったかと思います。 しかし、シリーズ化したゴジラは次第に観客に飽きられるようになり、公開するたびに観客動員数は前作を下回っていくことになります。以後、シリーズ再開と休止を繰り返しながら、ゴジラシリーズは28作まで作られるものの、初代『ゴジラ』のような衝撃的な作品を生み出すことは出来ませんでした。 シリーズ化の中でゴジラはヒーロー的に描かれていき、子供が親しみやすい風貌になっていきます。これは、戦争の記憶が人々から薄れ、日本人の無意識下の「核への恐怖」が無くなっていったことと一致します。そして、原子力発電が日本のエネルギー供給を支え始めるようになると、ゴジラはいつの間にか正義のヒーローとして描かれるようになっ. See full デストロイヤー ゴジラ list on dic. 小説はなんとソニー・マガジン版と集英社版の2タイプがあり、ソニー・マガジン版は資料性があるが、ニックとオードリーのキャラクター性がより優れており、ゴジラにも同情的なのは集英社版だとされる(参照)。 5. 天才科学者・芹沢大助によって開発された科学物質であり、またそれを散布する装置を指す。 別名「水中酸素破壊剤」。 その名の通り、水中で使用すると周囲の酸素を徹底的に破壊する作用を持つ。この結果、一定範囲内の水中の生物は酸素を取り込むことができなくなるどころか、細胞中の酸素さえも破壊されて肉体が崩壊する。(ただし作品によっては酸素がない環境でも生存可能な宇宙怪獣などには効果はない) そして影響を受けた範囲の海中の生態系は完全に破壊されて死の海と化し、この影響は長期間にわたって残る。 実は地上や空中でも使用でき、その場合はもっと恐ろしいことが起きるという(後述) 人間側の道具の中で、ゴジラを完全抹殺できた数少ない存在の1つでもある(戦闘機のミサイルでやられたアメリカ版ゴジラはもちろん除く。また、後の作品でGフォースのスーパーメカゴジラやGグラスパーのディメンション・タイド、潜水艦「さつま」等ゴジラを追いつめた兵器や戦法などはいくつかあるが、いずれも劇中復活を許したりラストで生存を予見させる描写があったりとトドメをさしきれておらず、ゴジラの生命活動を完全に停止しきれたものは殆ど存在しない)。 劇中では容器に入った実験用のあめ玉サイズの物とゴジラに使用した容器に入った物が使われたが、砲丸玉ぐらいの量でも東京湾を死の海に変えられる程の威力を持つ。 オキシジェン・デストロイヤーは「兵器」として開発されたものではなく、酸素の利用法・性質などを専門に研究を進めていた芹沢が、その途上で偶然作りあげてしまった副産物である。 芹沢本人もその効力に戦慄したらしく、「初めて実験をしてから二、三日は食事も喉を通らなかった」と回想している。彼は何とか平和的な利用法を見つけようと研究していたようで、それが可能になるまでこの薬品の存在を誰にも明かすつもりはなかったが、かつての許婚・山根恵美子に打ち明けたことから、その恋人である尾形秀人にも存在が知られることとなった。 芹沢は彼らからゴジラに対抗できる唯一の手段として使用を求められるが、当初は何としても攻撃的な使い方は許さない構えだった。それはこの薬品が兵器として知られれば間違いなく、原爆や水爆を超える最悪の大量破壊兵器と化すであろうという確信があったからである(後年同様の研究に携わった科学者たちも同じ懸念を抱いており、後述の伊集院は「水中で使用し.

デストロイヤー ゴジラ

email: tikuhom@gmail.com - phone:(192) 178-9940 x 5370

カクテル 映画 トム クルーズ - ネタバレ ゼロキス

-> Netflix の 聖 闘士 星矢
-> 新婚 ハリケーン

デストロイヤー ゴジラ -


Sitemap 1

吉岡 秀隆 バイク - 青天の霹靂